生産管理システムについて

企業にとって、製品を効率的に生産していく事が業績を上げていくには大切なことです。
製造ラインは、業種や生産を行っている製品によって異なってきます。

 

また、新商品を生産する時には、ラインの工程を変更する必要が出てくる事もあるでしょう。
そのような時に、生産管理システムを導入しますと、自在に生産ラインの工程内容を変更でき、業務効率の改善に役立ちます。

 

生産管理システムを導入する時には、予定と実績の受け払いをリアルタイムに管理し、在庫推移を可視化して、在庫管理を徹底的に自動的に行なう事で、欠品や余剰在庫を抱えないように調整していく事が可能になります。
企業によっては、複数の生産拠点を持っている事がありますので、複数の生産拠点でどのような製品を生産しているのかを把握しながら、生産を行えるように、生産管理システムで表示させていきます。
中間品までを見込生産を行って、取引先から受注を受けて、製造の手配を行なう半見込生産モデルに対応している仕組みを採用する事で、リードタイムを大幅に短縮していく事が可能になります。

 

また、一つの製品の構成表の中で、色や仕向地やサイズなどの違いを表現していき、MRPで自動手配を行っていく事で、業務負荷を軽減していく事も出来ます。
複数の拠点毎によって、購買する物が異なってきますが、拠点専用に購買する物と本社集中購買の物というように購買方法を使い分けることで、購買コストを低減していく事が出来ます。
生産管理システムを導入する際には、企業の生産工程に合った物を選択していくのが有効です。

 

多くの開発会社がソフトウェアをパッケージ販売していたり、クラウドサービスとして提供を行っています。
クラウドタイプであれば、サーバやデータベースなどを用意してソフトウェアをインストールする手間を省けますので、企業は使いたい機能を直ぐに使っていく事が出来るようになります。
業務効率の改善を行なう際には効果的であり、生産計画・製造管理・購買管理・外注管理・在庫管理を一貫して管理しますので、生産効率が悪い箇所や在庫状況などを一目で把握し、生産工程において問題のある箇所を改善していく事が可能です。

 

クラウドタイプの生産管理システムであれば、パソコンなどがあれば、ネット経由でアクセスする事ができ、契約を行っている企業はメンテナンスを行わなくても良いですので、時間やお金などの様々なコストを過剰に掛けずに、適切なコストで運用していく事が出来ます。

 

 

参考:生産管理システムの例