IT企業の生産計画は一言では説明しきれないさまざまな計画をたて、連携して取り組む作業です。縦と横の関係がうまくかみ合い一つの歯車として進んでいきます。個人の力が集まり大きな力となるのです。知恵と創意工夫が人間の協力で偉大なものが生まれます。生産計画は時として、挫折を味わう運命にもあります。

 

過酷な競争世界です。社会で便利に活用され当たり前のように使われていますが、並々ならぬ苦労からできあがります。最も大切なことは生産計画です。そこからスタートし、製品が生まれます。試行錯誤でできた製品の評価は、消費者です。生産者は消費者の希望をくみ取り緻密な計画を作り、製品を生み出します。

 

そこには素晴らしいヒット製品となるものもあれば、時代を読み取れず売れなかった製品も数々あります。価値ある品々の中に入れなかったものは、計画段階で取り下げられることも多いです。生易しい生産計画は、この競争社会では取り残される運命にあります。多くの人間の実力と向上心が良質の製品を作り出します。人間の向上心と探究心こそ生産計画には重要性をもってきます。人間の欲にはきりがありません。良心的なものもあれば悪意がある製品がふくまれています。

 

計画され、研究された製品こそ世界の人々に愛用されます。温故知新といいますが、古きものから新しい知恵が生まれます。先人の研究を受け継ぎ新しい斬新な製品を生産することが大切です。世界が求めているものは平和に貢献できるものです。武器はいりません。「武器よさらば」です。平和な現代が必要とする製品です。世界が正々堂々と勝負し、価値ある製品がこれからの武器です。楽しいアイディアいっぱいの製品がこれからもたくさん生まれます。感動し貴重に取り扱う人もいれば、心無い人々がいます。

 

必要な人には大切なものも、ごみとして取り扱われることも多いです。現代は価値観が多様化しています。個性が大切な時代です。しかし、価値あるものは普遍です。過去と現在と未来を考え選択肢の多いものを作り出してほしいというのは、すべての消費者の希望です。「三人寄れば文殊の知恵」といいますが、安くていいものが欲しいという願いを消費者は持っています。好みに合う、自分に相応しい、自分に自信が持てるものを宝として、伝えます。便利さと合理性と永遠の価値あるものを宝物として大事にします。出会いは人と人だけではなく、人と品物、商品、製品にもあります。幸せを感じる品物を手に入れることがのぞみです。

 

⇒海貨業務システム(海運貨物・物流システム)の事例