SCMとは

SCMとは、サプライチェーンマネジメント(Supply Chain Management)の略称です。つまり、商品を供給している会社が考えるその商品を製造する段階から消費者に使用されるまでの流れを総合的に見直し、プロセス全体の効率化と最適化を実現するための経営管理手法です。SCMの手法を用いることで、商品を開発してその材料を調達して製造する。そして、発送して販売して消費者に使用してもらう流れでの在庫や時間を短縮することで消費者にはタイムリーに供給しています。

 

在庫削減の為にもなりますし、稼働率の向上、コストの削減まで良いことばかりです。なので、ひとつの商品を消費者の手元に届くまで、あらゆる企業が関わっています。その為その企業ひとつのひとつが手を取りあい連携して協力することでSCMは成り立つのです。

 

SCMを立ち上げている人は、「適切かつ迅速な情報を供給する」「無駄の排除によって得られた利益を適切に配合する」といった、第一に消費者のことを考えて一歩先を見据えています。SCMのメリットは主に5つあります。まずは売り上げ向上です。商品を売り上げるには、消費者の目の前に商品が無いと売れません。なので在庫管理やその情報を連携しておくことですぐに対応することができます。

 

そして、リードタイムの削減です。商品の製造から消費者に届くまでのあらゆる企業が連携することでより早く消費者のもとに届いて各企業の動きを把握することができます。次に在庫削減です。各企業のでの動きを把握しているので、無駄な在庫は作りません。そして、コストの最小化です。各企業が連携して情報を供給したり、在庫を削減することで各企業がより安くそしてより早く商品を供給できます。

 

総合的にみると、よりコストがかからない商品になっているのです。最後に経営基盤の強化です。各企業が連携して協力していれば今後の企業同士の関係も良くなっていきます。良い関係を築くことで、一緒に会社を大きくしてゆき業界では負けないほどの会社になっていきます。無駄な製造や輸出を削減する考え方はおのずと、CO2削減へと変化していきます。環境を考えた流通を支持することで、どの会社も取り組んでいます。

 

トラックや飛行機ではなく、CO2排出が比較的少ない船や鉄道を主に輸出用に利用したり、違う企業同士が一緒に協力して同じ作業を行ったりと地球のことを考えたCO2削減への取り組みが行われています。

 

参考:販売管理システムの事例