ERPとは

ERPとはEnterprise Resource Planningの略称で、日本語で言うと「企業資源計画」となります。意味は訳の通り、企業全体の経営資源を統合的に管理し、経営の効率化を図る手段・概念を指します。この場合の資源とは、企業における人材、資金、設備、資材、情報などです。通常各部門において管理されるこれらの資源を一元的に管理することによって、部門内における非効率を排し、あるいは互いに関連しあう各業務間の連携を効率化・最適化を目指します。

 

このERPという理念とその手法・システムは、1990年代前半、欧米より日本市場に入ってきました。従来の方法では、各部門にフォーカスし個別開発されたシステムを利用し、部門内での処理を効率化を図ってきました。たとえば営業部門を管理する販売ソフトは営業部門で管理・運用を行い、経理部門では会計ソフトを管理・運用し、それぞれ別のシステムを個々に利用します。しかし、その場合、システムの根幹が異なるため、販売と会計の数字にギャップが生じてきてしまったり、データの算出に時間がかかるなどのデメリットがありました。これでは企業としての正確な数字を即座に知ることが難しくなります。その点、EPRは一元的にデータベースの管理を行うため、こうした個々の管理におけるギャップを解消し、企業の統括的な業務管理を行うことができます。必要な情報を迅速に企業運営に反映させ、企業資産を平等にかつ効果的に分配する。それにより業務を効率化し、また企業全体としての無駄をなくすことが可能になるのです。

 

ただし、ERPの導入は、経営の部門間のギャップや連絡の摩擦を減らすメリットがある一方で、導入にあたっては問題も挙げられます。当然ですが、システムはあくまでもともと備わっている機能しか利用ができません。加えて、現状では欧米の企業に合わせて作られているシステムが多くあります。それを日本の企業に導入するとなると、ERPの機能に合わせた企業運営に見直すか、あるいは機能の利用を業務に合わせるか、という判断が必要になるのです。どちらにしても、「どこまでERPを反映させるか」という判断を誤ると、内部を混乱させたり、システムを殺してしまったりと、望んだ結果が得られず、失敗に終わる恐れもあります。また、システムメンテナンスも都度必須となり、資源を統括管理するとなる以上、運用にも慎重さが必要になります。

 

■ERPの導入事例
参考:NTTデータのERPパッケージ