生産管理について分かりやすく解説いたします。

生産管理とは

様々な日用品から電車や飛行機に至るまで、私達が目にする製品は多数の生産者が競争しながら市場に供給しています。競争に打ち勝って需要に応える続けるためには、品質(Quality)の良い製品を適切なコスト(Cost)で納期(Delivery)に合わせて生産しなければなりません。

 

生産管理とは、経営計画や販売計画に沿ってQCD(Quality, Cost, Delovery) を最適にするよう生産計画を立て、その生産計画に沿って生産プロセスを管理する業務です。
管理対象となる生産活動には設計・調達・作業があります。顧客満足度の高く、適切な製造原価で、安全で製造し易い設計が求められます。

 

適切な時に過不足無くタイムリーに資材や部品を調達し、同時に資材・部品や完成品の在庫を管理します。納期に間に合うように製造工程を計画し、作業の進捗状況を管理します。また、効率良く安全に作業を進めるため、作業量を平準化したり、繰り返し行う設計や作業の標準化・単純化・工程の専門化を行い作業の改善を図ります。労働者が日々意欲的に働けるように職場環境を整え勤労意欲を向上させる活動も生産管理に含まれます。

 

製品の注文時期や生産数量と品種などによって生産プロセスには多種多様が形態があります。それぞれの生産形態の特徴に応じて生産管理上の課題が異なります。受注後に生産計画を立てる受注生産では受注後に個別に設計・生産に入るため、発注者のニーズに応えた製品を生産しやすい一方で、受注量の平準化、生産期間の短縮が重要な課題になります。

 

対して、需要を見越した見込み生産では、必要な資材や部品、工場などの生産資源の確保と適正在庫の維持が課題となります。種類と量に着目すると、少種多量生産方式では少ない品種を効率的に生産できる反面、多様化した現在の消費者のニーズに対応できません。

 

一方、多種少量生産方式はきめ細かくニーズに対応できる一方で生産工程が煩雑になります。また、短期間に多品種を生産するため、設計・調達・作業のすべての面で管理業務が複雑になります。そのため、多種の作業に熟練した多能工の育成や管理システムのコンピュータ化が欠かせません。

 

さらに近年では、生産と消費のグローバル化とIT技術の浸透を反映して、生産計画より上流の需要予測や販売計画まで生産管理の一部として一貫管理しリードタイムを短縮したり、複数の企業間で原料や部品等の資材の物流を管理するSCM(サプライチェーンマネジメント)と連動して管理する方式が普及してきています。